特徴

ティオスカイコート特徴

光触媒で得られた活性酸素の力で、強いバリアを実現します。

光触媒ティオスカイコートの用途

※下記の一覧は一例を掲載しております。

現場/施設用途効果
福祉・介護施設シーツなどの寝具、カーテン、おしめ、制服などの衣類、廊下、壁、天井、施設設備の塗装MRSAの予防、風邪の予防、脱臭、除菌、抗菌作用
病院シーツなどの寝具、カーテン、おしめ、制服などの衣類、廊下、壁、天井の塗装MRSAの予防、風邪の予防、脱臭、院内感染症の予防、除菌、抗菌作用
ホテルカーテン、シーツ、タオル、制服、壁、天井タバコ臭の脱臭、シャワーカーテンのカビ予防、食中毒の予防、タオルの脱臭
車両関係タクシー、ハイヤー、観光バス、自家用車、電車車内の殺菌、タバコ臭等の脱臭、風邪等の予防
飲食店店舗新築建物、店舗、厨房改装時消臭、防汚、除菌、抗菌作用
飲食店厨房ユニフォーム、フキン、テーブルクロス、調理台、壁、天井食中毒の予防
家庭フキン、タオル、壁、エアコンのフィルター、カーテンなど食中毒の予防、風邪などの家庭内感染の予防、トイレやお部屋の脱臭、一般雑菌の除菌、抗菌作用
建築関係壁、天井、風呂、トイレカビ発生の予防、シックハウス等他のアレルギー物質の分解、脱臭
動物病院・
ペットショップ
手術室、廊下、壁、天井、エアコンのフィルター感染症の予防、脱臭

ティオスカイコートは様々な場所で施工されています。

上記のような用途があり実用化され、以外でも様々な場面/用途で利用いただけます。
賃貸物件オーナー、個人宅、タクシー会社、不動産業者、自動車、医療機関(病院、老人ホーム)、ホテル、新、中古車販売会社、公共施設等など、特におすすめいたします。

ティオスカイコート技術の優位性

ティオスカイコートは、塗装のバインダー(つなぎ)に、光触媒の酸化反応によって剥がれてしまう有機溶剤ではなく、耐久性の高いペルオキソチタン酸を採用し、長期固定を可能にしました。その表面を、大部分を酸化チタンで構成された上塗りで覆うので、高い光触媒効果が得られるだけでなく、大型建造物から一般家庭向けまで規模や基盤を選ばずコーティングできます。
また、食品添加物にも利用されている酸化チタンが主成分なので、人と環境にやさしい高い安全性を誇ります。

車内コーティングの優位性

光触媒ティオスカイコート車内コーティングの優位性

自動車室内光触媒コーティング剤として日本国内には30~40種類のコーティング剤が使用されておりますが、その多<の溶剤の中には、光活性の弱い商品が多いのが現状で、車内の紫外線量は屋外に比べて少ないので防臭、抗菌能力も等しく光活性を果さない商品があります。
他社製品は接着剤(バインダー)としてシリカ系等などの色々な接着剤を使用しておりますが、溶性の溶剤であります。昨年の9月には、東京トヨベットが、車内の防臭、抗菌、防カビ用のコーティング剤の「純正部品」として採用され、沖縄のレンタカー会社も全面採用し、半年間で、すでに3,000~10,000台の施工実績があります。

光触媒 車内コーティング後の疑問点

光触媒コーティングの持続期間は?

車内の使用状況にもよりますが、約3年の効果はあります。車検・点検時に再度のコーティングをおおすすめ致します。

光触媒コーティングしたら清掃はいらないの?

簡易清掃は必要です。 軽く水タオル等での拭き取り清掃は必要です。 
大きなゴミは光触媒コーティングでは分解しません。

中古車内の社内が汚れている場合のコーティングは?

中古車の車内が汚れている(タバコのヤニ等)は、簡易清掃で除去した後にコーティングを行って下さい。
新車時のコーティングが最適です。

夜間の反応は?

夜間は光活性しないので、簡易型DC車内専用のブラックライトの使用をおすすめします。

光触媒コーティング後の使用注意点は?

車内に芳香剤・消臭剤・消臭スプレーは不要になります
簡易清掃での車内のコーティング面が剥がれることはありません。

UVカットガラス付き車両での使用は?

UVカットガラス付き車も紫外線は100%カットされていませんので、有効に作用いたします

車内以外での使用は?

車内専用の溶剤ですので、他の場所での使用は出来ません。

光触媒コーティングのお薦めの車は?

・ お年寄り専用の送迎者
・ 園児のスクールバス
・ ペットを車内に乗せられる方
・ 細菌・雑菌を気にされる食品車・病院車
・ 喫煙車
・ レンタカーなど
・ 以上、いつもきれいな車内を保ちたい方におすすめいたします。

光触媒 施工使用材料

光触媒コーティング 水溶液

ティオスカイコート車内専用溶剤TA

主成分

過酸化チタン・ 酸化チタン・水

PTA溶剤(TK)特許 第2938376

PAゾル(TA)特許 第2875993

主な基本物質

外観 微黄色透明液体
 水素イオン濃度 ph6.0~7.0
 酸化チタン粒子 2~20nm
 安定性 長期間 安定

主な特徴

・中性なので、基盤を損傷しません。
・有機溶剤などは一切含まれていませんので人体及び環境に悪影響を与えません。

保管方法

常温(凍らない程度に低温)の暗所に保管。(最良 :10~15℃)
※施工中も直接太陽光に当てないように注意してください。
※とくに、夏季での保管場所は十分注意してください。
急激な加熱や冷却(凍結 など)を行わないでください。
在庫期限(使用期限)は常温で製造日より3ヶ月以内とします。

安全上の注意

・非危険物ですが、密閉した場所では換気をよくしてください。
・材料に触れないように手には手袋などを着用してください。
・皮膚にかかった場合には、石鹸を使って十分な水で洗い流してください。
・眼に入らないように使用時には保護眼鏡などを着用してください。
・眼に入った場合には十分な水道水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。
・基本的には、無害ですが飲まないでください。

車内防臭・防カビ コーティング剤

溶剤塗布量

軽・小型車150ml~180ml
中型車・大型車200ml~250ml
ワゴン車200ml~

※ 臭気の強い車両は、量を多く施工
※ 臭気の発生箇所には集中的にコーティング

新車の時点でコーティングを施し社内の臭気分解除去・防カビ効果を発揮

施工前施工後
測定時間AM10:00PM16:00
臭いレベル値14466
紫外線強度0.003~0.0090.003~0.012
備 考施工終了時刻
12:00
施工終了時刻
12:00

室内コーティングのすすめ